※要リンク変更※【読めばVoicyの2022年がわかる】大型資金調達、オフィス移転など

こんにちは。Voicyカンパニークリエイターの “はる” こと高森はるなです。
今年もこの季節がやってきました!一年の締めくくりに、Voicyの2022年を振り返っていきたいと思います。

1月

2022年は、元国務大臣で経済学者の竹中平蔵さんが、Voicyで音声放送をスタートするというビッグニュースから幕を開けました。
またこのタイミングで組織エンゲージメントサーベイ「モチベーションクラウド」にて、社会的に上位5%に相当するスコア67を記録し、目標としていたランクAAAを獲得。2年間かけて形にしてきた組織開発が実り、組織としても良い状態でスタートダッシュを切ることができました。

2月

スケールアウト社の元代表で、Supership社などでCTOを務めた山崎大輔氏がVoicyの技術顧問に就任。日本を代表するテックカンパニーを目指すVoicyにおいて、エンジニアリング力強化のために心強い仲間が増えました。
組織拡大やリモートワークの導入などに合わせ、Voicyで創業期から続いているEXイベント「ボイめし」をリニューアル。軸となるカルチャーは保ちつつも、時代の変化に合わせてどんどん新しいことへチャレンジしています。

3月

朝日放送ラジオ社とのアライアンスで、ABCラジオにて代表・緒方をMCとしたラジオ番組「道に迷えばオモロい方へ!」の制作・放送をスタートすることを発表。音声ソリューション事業の一環としてラジオをDXし、様々なマネタイズの形への挑戦が始まりました。
前例のない事業に挑戦しているからこそ、業務内容や職務内容がイメージしづらいVoicyでの仕事内容に対して、働くイメージをより具体的に持ってもらいたいと、採用広報としてチーム単位の紹介を始めたのもこの頃でした。

4月

4月1日といえば嘘をついて良い日「エイプリルフール」ですが、嘘ではなく夢が溢れる日にしようとPR TIMES社が実施している「エイプリルドリームプロジェクト」に参加し、Voicyカンパニークリエイター3名で組織開発や人事的観点から夢を語り合いました。
音声プラットフォームVoicyに、待望の「コメントにいいね」機能がリリース。リスナーからのコメントにお返事しきれていなかったパーソナリティや、自身のコメントにパーソナリティからいいねが届いたリスナーから、嬉しいお声を多くいただきました!
NHKさんのデジタル人材育成プログラムより、アナウンス室に在籍する栗原望さんが派遣研修としてVoicyにジョイン。スタートアップへの挑戦は大きな環境の変化にも関わらず、コンテンツ制作を中心とした日常業務だけでなく、組織開発にも積極的に参加してくださっています。(あと3ヶ月でNHKさんへ帰ってしまいます…)

5月

ビジネス色の強い印象を持たれがちなVoicyですが、くらしカテゴリのチャンネルが2年間でなんと12倍に増加していることを発表!パーソナリティの多様化により、リスナーに届けられる音声体験が広がっていることを実感しました。
そして!5月といえば、ゴールデンウィークの時期ですよね。
今年のゴールデンウィークは5月2日と6日が有給奨励日となっていたため、10連休を取得してゆっくりとリフレッシュできました。スタートアップであるVoicyの休日・休暇制度が気になる方はこちらの記事からチェックしてください!

6月

7月10日(日)の参議院選挙2022の投票日に向け、VOICE PROJECTと連携したトークテーマ特集「#わたしも投票します」を実施しました。社会的なムーブメントにもなった企画とアライアンスができたことだけでなく、Voicyが政治領域でもバリューを出せるプラットフォームへと成長していることに感激しました…!
このタイミングで、パーソナリティの収益化に関する情報も開示しました。1,600を超えるチャンネルのうち、約半数が収益化を実現。1ヶ月の収益が800万円を超えるパーソナリティも生まれており、確実にクリエイターエコノミーの世界を創造し始めていることを実感しました。
Voicyには事業へ向いたとてもユニークな福利厚生、その名も「ボしメン制度」というものがあります。音声プラットフォームVoicy内の有料機能を、一定限度額の中で福利厚生として社員へ提供。メンバーのユーザー体験によりプロダクト理解が進むことはもちろん、パーソナリティへの還元にも繋がる施策をご紹介しました。

7月

7月には、2022年の一大ニュースがありました!Voicyが総額27.3億円の資金調達を実施し、累計調達額は36億円に。迫力のある集合写真と「声で、未来を変える。」というキャッチコピーが目を引くニュースリリースには、たくさんの反響をいただきました。(写真撮影とっても楽しかった!)
資金調達と並行し、コーポレートサイトのデザインも大型リニューアル。コーポレートカラーのオレンジを基調とした旧デザインから、白と黒を基調とした新デザインへ。Voicyの事業内容やメッセージがより伝わるシンプルで格好良いページになりました。
また拡大する組織に合わせ、組織面では行動指針を新設。2021年2月にプロジェクトチームが発足し、10ヶ月もの期間をかけて完成した経緯や苦労・想い、そして浸透のための施策などについて、詳しくご紹介した記事を出しました。

8月

大型資金調達に続き、8月もビッグニュースが。なんとVoicy、オフィスを移転しました〜!旧オフィスを離れる寂しい気持ちはありつつ、新たな環境へのドキドキとワクワクはとても大きかったです。移転して5ヶ月が経ち、メンバーたちも少しずつ新オフィスへ慣れてきました。今度詳しくご紹介したいと思いますので、お楽しみに!
また、9月にはサービスリリース6周年を迎えることから、オフィス移転&6周年記念の全社パーティも行いました。みんなでお揃いのTシャツを着て、一体感がさらに高まりました。
さて、2021年上期に本格導入を始めたリファラル採用でしたが、1年を経て、なんとメンバーから200名を超える紹介数を記録!驚異的な協力率となった反面、1年間運用してきた中での課題も見えてきたこのタイミングで、改めて導入背景や設計において大切にしたことを振り返りました。

9月

2022年9月23日、音声プラットフォームVoicyはサービスリリースから6周年を迎えました。6周年を記念し、パーソナリティやリスナーにとって“声”がどんな存在なのかを聴かせてもらいました。音声だからこその体験を、これからも多くの方に届けていきます。
文化放送社とのアライアンスで、音声ブランディングメニューを企業向けに提供開始。音声DXプログラムの一環として、音声による企業文化醸成の促進を目指します。

10月

“世界を変える声の祭典”「Voicy FES ’22」開催!2022年10月27日(木)から29日(土)に渡って行われたボイフェスでは、総勢74名のパーソナリティによる“声で世界を変える”61の対談をお届けしました。二回目の開催となった今年は、前回を上回る7,600名を超える方々に有料参加いただくことができました。(ちなみにこの7,600名という人数、エンタメなども含めた国内のオンラインイベントと比較しても上位となる記録的な数字とのこと…!)
またこの月は私たち採用チームへ嬉しいサプライズが!
ウォンテッドリー社が発表した「Wantedly Best Teams 2022 総合賞」において、約43,000社の中からVoicyが上位100社に選出されました!組織もプロダクトと考え採用活動を推進しているVoicyだからこそ、組織づくりへの取り組みを評価していただけたことがとても嬉しかったです。
盛りだくさんな10月は、2023年4月に新卒入社予定である、ゆらちゃんの内定式も行いました。同期はいなくとも、社員全員が仲間だという思いを込めて、式には全員で出席。ゆらちゃんの思いの詰まったスピーチに多くの社員が胸を揺さぶられました。来年4月からよろしくね!

11月

11月は、Voicyエンジニアが技術ブログリレーを実施。日本を代表するテックカンパニーを目指し日頃からテックブランディングに注力しているVoicyエンジニアですが、新たなメンバーもジョインし、さらにブランディング力が加速化しています…!
NHK総合「おはよう日本」に、Voicyを取り上げていただきました。多くの方にサービスが届くきっかけとなりましたし、家族から「テレビ出てたね」と連絡のあったメンバーも多く、社内全体で盛り上がりました。
音声コミュニケーションツール「Voicy 声の社内報」が、IT導入補助金2022の対象ツールに採択。対象となる事業者は、導入にかかる費用の50%(最大150万円)までの補助を受けることが可能となりました。
オンラインでのコミュニケーション課題を感じられている事業者に向け、音声での組織活性を支援していきます。

12月

DIMEさんとのアライアンスで、“DIMEトレンド大賞”に合わせたVoicyでのトークテーマ特集がスタート!「#トレンド大賞2022」というトークテーマで、様々なパーソナリティーがそれぞれの視点で2022年の私的トレンドを紹介してくれました。
DIMEさんを始め、Voicyでは2022年12月現在、四大マスを中心としたメディアチャンネルが昨年に比べて6割増加。現在、82のメディアチャンネルが声で放送してくれています。
12月といえばアドベントカレンダー!ということで、今年もVoicyアドベントカレンダーを実施しました。様々なチームのメンバーが思い思いに発信をしているので、ぜひ見てみてください!(私も今年初めて参加し、9日目の記事を担当しました!)
・・・
Voicyの2022年、いかがでしたか?
Voicyでの日々はせわしなく過ぎていきますが、改めて振り返るとたくさんの出来事や感情がつまっていて、一月が何年も前のことのように感じられるほど充実した一年でした。
今後も多くの方に“音声体験”を届けられるよう、社員全員で一丸となって進んでいきます。一緒に未来へ向かってくれる方がいましたら、是非ご応募もお待ちしております。
2022年は本当にありがとうございました。
来年もVoicyをよろしくお願いします!

マーケター求人に応募する

チームをより詳しく知る